吹き出物 ニキビ

ゆっくり焦らずに肌質を変えていこう

吹き出物 ニキビ

私がニキビに悩むようになったのは、小学6年の頃からです。
最初はあご周辺に出来始め、中学に入った頃は頬やおでこ、社会人になってからは顔全体に沢山できるようになりました。
思春期の頃は私の他にもニキビができてる子はいましたので、それほど深刻な悩みではありませんでした。
でもさすがに高校・大学と年齢が上がるにつれて、私みたいに顔中にニキビが出来ている人は少なく、かなりストレスになっていました。

 

それでも時が経つとニキビもできなくなったのですが、今度はまた新たな悩みが・・・。
酷いニキビ跡が残ってしまったんです。。

 

きっとニキビを手当たり次第に潰していたからでしょう。
出来たニキビは敵とばかりに潰さないと気がすまなかったので、ニキビ跡も相当な数です。
できてしまった物は仕方が無い。
普段はお化粧で少しはごまかしが効きますが、それでも遠目に見ても肌の汚さは分かる程です。
ニキビ跡の赤黒い肌の色って、ファンデーションとかでは絶対に綺麗に消えないんですよね。
いくらコンシーラーとか駆使しても、肌本来の色は隠せないんです。

 

ですので肌そのものを変えようと、エステに通って肌のターンオーバーのサイクルに合わせて、ピーリングをして貰っていました。
お金はかなり費やしましたが、それでもだいぶ綺麗になりました。
普段気をつけることとしては、とにかく紫外線対策を万全にしていました。
ちょっと近所のスーパーへ行くのにも日傘は必ずさしていましたし、夏はツバの広い帽子も被っていました。
今はもう40歳を超えましたが、昔に比べると随分とニキビ跡もマシになりました。
肌は急には変われないので、長い時間をかけてでもコツコツと改善していくしか方法はないと思います。

 

ちなみに、実は背中ニキビあって、気になり出していたのですが、このサイトを見ていろいろ勉強になりました。
背中ニキビをコスメで対策した!つる江の治し方や原因に関するガチ話

 

クレンジングが決め手に!

 

私が10代の頃は、とにかく肌荒れが酷かったです。
ニキビが大量にあったんですが、当時は何故かそれほどの悩みではなかったんですよね。
たぶん楽しいことがいっぱいの毎日で、ニキビなんて気にしてる暇なかったんでしょう。
あまりにも気になる時は、市販のにきび治療薬をちょこっと塗って寝るという感じ。
あとはホントに普通に洗顔をして、ちょくちょくできる黒ニキビなんかは、指でキュッと芯を出して潰していました。
酔っ払ってメイクを落とさずに寝落ちしてしまうなんてことはザラでしたし・・・。

 

ヤバいと思い始めたのは、結婚して妊娠した時です。
20代後半になっていましたが、妊娠したせいか肌質がとてもオイリーに。
ニキビがどんどん酷くなって、触ると痛いぐらいでした。
もっと若い時から肌の手入れをしていたら少しは違っていたのかな?とも思いましたが、もう後の祭りですよね。

 

それからはとにかく洗顔に力をいれました。
オイリー肌を何とかしようと、みっちり時間をかけて洗顔を頑張りました。
日中も気がついたらすぐにあぶらとり紙で余分な油を拭き取ってました。
でもこれが逆効果だったようで、ニキビは益々増える一方。
友人からのアドバイスで、今度は保湿に力を入れる様に。
でも期待した程の変化はなかったですね。

 

それからはメイク落としをオイルタイプのものに変えたんです。
とにかくしっかりと肌の汚れを落とそうと思い、オイルクレンジングに。
しばらくして鏡をみると、肌にところどころカサつきがあるものの、ニキビはかなりマシになってたんです。
今はこのオイルクレンジングが定番になり、その後しっかりと化粧水とクリームを塗ってケアしています。
ニキビ跡も残ることなく、綺麗に治ってきていますよ!